2011 04
15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

価値観の違いは怖い

カテゴリ:雑談 タグ :

昨日、戦慄しました。
退職の意思を伝える、その前段階の話です。

「無価値である事に意味を見出す」

人がいるとは、私思ってもいませんでした。
無価値であると自覚する謙虚さから、頑張れると言うのです。
正直申しますと理解不能でしたし、その方が頑張ってるところを見たことがないので、信憑性も説得力もありませんでした。
つまりこの言葉は、頭の中から出た台詞で実を持った台詞ではない、自分の言葉ではない、という事ですね。

謙虚さや素直さ、そういった事は確かに大事です。
しかしいつまで経ってもそれでは、人間前に進めませんし、時として謙虚さは害になります。
日本人の美徳とも取れますが、相手に波長を合わせて、相手のご機嫌を伺う。
悪く言えば、相手の言いなりになる、という事です。これはビジネスではありません。
ただの家畜、奴隷です。

それを当然のように仰られる辺り、ビジネスを知らず、奴隷として生きていく道を選んだのだな、と思わずにはいられません。
で、それが悪いとか、そういうわけではなく、私が一番恐怖したのは奴隷制度を当然のように押し通す日本の風土です。
一言で言えば教育。

東北関東大震災の影響で、日本の教育の良さが呟かれています。
より一層確信しました。日本は地震大国で火山の活動も活発です。
ともすれば危機的状況に陥ることが多く、その際に自分勝手な人間がいれば、秩序が崩壊する。
自然発生的に、今の教育が生まれたのではないか、と。

強い、と言われれば強いですが、平常時ではこれ以上ないぐらいに過酷です。
常に連帯感や協調性を必要とする社会では、自分の都合で動けず、休みも取れません。
仕事は自分の人生の半分以上を占めます。その時間を苦しみで過ごそうとする日本人は、それはもう偉大でしょう。
そして

「仕事=しんどい」

という図式があるのも特徴です。おかしな話だと、誰も思わない。
ですが、どう考えてもおかしな話です。
仕事は楽しいものでなくてはなりません。常に辛い、苦しい、それは仕事じゃなくて労道でしょう。

日本人の感覚・感性は何処かずれてる気がします。
それこそが美徳なのかもしれませんが、商売をするに当たっては実に不利。
プライベートにおいては良くても、ビジネスにおいては致命的な欠点がある、これではいかんでしょう。

どちらが良い、悪いを突き詰める気はありませんが、少なくとも私には馴染みません。
それ故に独立という道を踏み出せたのだと思いもします。
日系組織の中で労道する気にはなれませんし、奴隷になる気もありません。
自分の道は自分で。自分のやり方を貫き通してビジネスとする。これが一番です。

ただ価値観の違いは怖い。
商売相手が日本人である以上、どうしてもこの価値観との戦いは続く。憂鬱です。
しかし、自分のやり方を貫き通すのなら、それ相応のモノを持って、相手に接する。
これがビジネスで、そこで初めてWinWinが出来ます。

多分、茨の道でしょうね。私のは。
普通の独立とは何処か違うような気がしています。
道を歩くのではなく、階段を上るのでもなく、穴を掘ってるような。そんな印象です。

でも楽しみです。これから。
色々な人との出会いが、本当の意味で自分の力になっていく、そんな気がしています。
こんな尖った奴ですが、何卒、これからも皆さんよろしくお願い致します。

関連記事

コメント
  1. 匿名
    2016年12月27日


    謙虚と謙遜は一緒にすべきではないと思います。

コメントはこちらから




?
© 2017 Peace & Piece. All rights reserved.