2010 09
02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「どうでもいい」という開き直りが世界を救う

カテゴリ:精神論 タグ :

世界、なんて壮大なタイトルをつけてしまいました。
いやーお恥ずかしい。この世界、個人の価値観、という意味ですね。

世界っていうのは、所詮人それぞれで変わるものなので、あくまで市場として見た時のみ感覚が変わる。
まぁ出てくるのは数字ですが。


お世話になっております。
Peace & Piece代表の江並です。巷ではアルパカと呼ばれたり、D.D.と呼ばれたり、Diraldと呼ばれたり。
とりあえず呼ばれている名前をキーワードで突っ込みましたがどうでしょうか。え?駄目?


個人の価値観は大変難しい。
万人に通用するものなんてないのです。商品も然り。
それらをわかってるようで、わかっていないから、人間って難しいんですよね。
コミュニケーションの奥深さ、というものです。


今回は一言だけお伝えします。
深く突き詰めると、かえってストレスになりますので。
前回、言葉には力が宿るといいました。繰り返せば、宿る、と。

しかし一回、心の底から思うだけで効果てきめんな言葉があります。
タイトルにありますね。

「どうでもいい」

これに尽きます。悪い言葉に見えますか?
ノーです。これは精神衛生上大変都合の良い言葉です。

仕事や人間関係、様々なことで人は悩みを抱え、ストレスを感じます。
いやでもね。よーく考えて、客観的に見てください。それ、本当にそこまで深刻ですか?
例えば、大量の借金を抱えて、今にも破産しそう。
それ、そんな深刻ですか?

経験者だからこそ、語りますが。
ぶっちゃけ、そんな深刻じゃないですよ。えぇ。
あ、深くは聞かないで下さい。


何とかなりますし、本当にどうでもいい、んですよ。
悪い意味で捉えないで下さい。良い意味でどうでもいいんです。
別に放っておいたり、逃げたりするのではなく。
解決策を考え、心を前向きにする為に。どうでもいいと考えるんです。

それに対して焦ったり、恐怖を感じて、自分で勝手に不安を煽る事に意味がありますか?
厳しい言葉に見えるかもしれませんが、それに時間をかけるぐらいなら駅前でお金下さいって土下座してるほうがマシです。
働いても、働いてもー。とか言いますが、もっと働け、というんではなく。
働き方を考えましょう。如何にしてお金を稼ぐかを考えるんです。これも安易に低きに流れず、上流を見ます。

副業、アフィリエイト、ネットオークション、情報商材。

危ないと感じるかもしれませんが、れっきとした手段です。これは。
自らが持てる手段を、全て投じてそれでも無理なら諦めもつくってもんです。
その時には失敗してないと思いますが、失敗したとしても、笑ってられるとは思いますよ。


自らが使える手段を、遠慮なく講じ、解決のために力を振るう。
心に入り込む疑念、不安、勿論ありますが、それすらも払拭するぐらい希望に満ちた夢を追いかけるために戦略があります。
マーケティングにも通じますが、ビビってたら何も出来ません。


時には大胆に「どうでもいい」と思って、心にある不安要素を木っ端微塵にするのも、一つの手段です。

関連記事

コメントはこちらから




?
© 2017 Peace & Piece. All rights reserved.