2011 01
28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成功するためにすべき4つの事

カテゴリ:雑談 タグ :

こういう風に数字を入れると流入が増えるとか何とか。
Twitterベースなのでぶっちゃけあんまり関係ないんですけど(ぁ
それにこういうローカルブログはブックマークからが一番多い気がするので……。

さて、成功するため、と言いながら成功していない私が通りますよ。
と言いたいんですが、フェイントにフェイントを重ねます。
成功することを信じて疑わない精神がここにあります。
何でって、自分の中ではもう成功なんてとっくにしてるからです。

成功の基準を決めるべし
まず一つ。自分の中で確実な成功の基準を明確にすべきです。
お金ならお金。
人なら人。
成長なら成長。

具体的である必要はありませんが、おおよその目処は必要でしょうね。
私はあえてアバウトにしています。
成功で終わりではなく、そこからスタートだと考えているからです。

成功目標から導線を引っ張ってくる
二つ目。誰だってわかります。
迷路はゴールから辿るという、必勝法があります。
また壁を伝うと必ずゴールできる、とも。

人生も同じです、堅実確実に後ろから導線を引っ張ります。
仮にその導線が途中でおかしくなったり、手放しても壁に手をつき歩けば良いのです。
大切なのは

「今、自分がどっちを向いているのか」

という事。ゴールを見失ったり、ゴールを忘れたりしては絶対にたどり着けません。

ひたすらゴールを思い描く
成功することを目標にするという事は、その成功は自分自身の欲求のはずで、それは非常に強いものです。
その強い欲求とは、ずばり「夢」であり「希望」です。
思い描く事でモチベーションは高まり、歩みが加速します。
ワクワクやドキドキ、これから起きることに胸を常に躍らせましょう。

踊らない? なら「その程度」の気持ちで成功を掴もうとは思わないことです。

ゴールにたどり着くことが楽しみじゃない。それほど面白見も感じない。
なら当然面白くないです。迷路が嫌いな人はゴールを目指す楽しみを見出せません。
人生を楽しめないのなら、その「成功」にはそれほどの価値はないという事です。

貪欲で感情的に大暴れして、全てをぶっ壊す気持ちで突き進む
迷路を楽しむことこそが成功の秘訣ですが、それは「時間」を無視しています。
時として時間は残酷でいきなりゴールに向かうまでの期限が設定される事があります。
そうなると、堅実は消えうせリスクを背負う必要が生まれます。

なら背負ってしまいましょう。

ぶっちゃけますと、何を失うのが怖いのか、という話になります。
自分の夢を叶える為に行った行動で失うことは仕方ありません。失わないわけないんですから。
なら破産しようが、精神的にボロボロにされようが、地位・名声、失おうが知ったこっちゃないわけですよ。

夢に命賭けてるんですから、それ以上賭けるものなんてないです。
ただ手段を問うな、というわけではなく「覚悟」がいるってお話です。
人を奈落の底に叩き落し、自分だけが成り上がる。賢い人であれば可能かもしれませんね。

しかし最終的なお話をしますと、この世界は「人」で埋め尽くされています。
その人に反する行動を取るとは正しく世界への反逆で、いずれ潰えます。
夢が叶ってすぐに死んでも良い人だけ、悪の道を突き進んでください。


細かい事をうだうだ言う前に行動を起こし、その結果に対するレスポンスを返し、また行動。
PDCAサイクル、とまでは言わなくともまずはアクションですよ。でなければお話になりません。
成功への幻想を思い描く前に、成功している実感を自分の中で生み出し、アクションへと移行しましょう。

そして何より自分を信じる事です。何があっても「自分バカだな」は駄目です。決して自分を裏切らない。
そう意識するだけでモチベーション低下は大分防げます。

ちなみに私が既に成功していると実感しているのは、上記の4つを堅実に実行しているからです。
目の前に立ちはだかる障害は自分の息子・娘みたいなもので可愛いものです。
わざわざ私の成長の為に手伝ってくれているわけですから。夢を叶える手助けをしてくれているのです。
障害を自分の宝にして、大切にしています。
着実に進んでいますので、今のところ成功を体感しています。不思議なものですね。
関連記事

コメントはこちらから




?
© 2017 Peace & Piece. All rights reserved.