2011 02
18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOは知られていない。

大前提です。
SEOの事を知っている人なんて、IT関係者であっても、技術者であっても殆どいません。
元々自分が技術者であっただけに、IT関係者であっただけに、自信を持って言えます。

唯一マシだったと言えるのは、私にITリテラシー、ネットリテラシーというものがそれなりにはあった事。
SEOという単語を聞いて、まずは調べようとした事。
ここに尽きると思うんですね。

当初どう思っていたか、生の体験をお伝えいたします。

SEOでお金取るとかワロス
一昔前のSEOってもっと簡単だっと記憶しています。
なので、SEOでお金取られるっていう感覚がゼロで、笑いを隠せないというのが本音でした。
過去形です。

たまーにIT関係……いや、どこでもある事ですが、詐欺まがいの商売はあるんですよね。
誰でも少し勉強すれば出来る事を、堂々と金とって商売している人。
需要と供給のバランスが取れているのならば、それは良いと思うんですけどね。
当然それに見合ったサービスも提供している、まぁビジネスって大体そんなもんですし。

ただIT系は「これは酷いwwww」ってのも多いので、ほんと最初はそんな感じで見てたわけですよ。
マジで。

ところがどっこい、調べると真っ当な企業の多い事。
その瞬間、アングラ界隈で一時期生活していた自分としては

「おかしい」

と思ったわけでして。
そこが物語のスタートです。

何も見えない。何も聞こえない
とりあえずぶっちゃけますと、それなりの知識があればSEOはわかります。
調べる癖や、調べ方、情報収集のコツなど。

ただ結構ハイレベルなところを求められるので、難儀しました。

SEOって小手先のテクニックばかりが目だって、本質が見えてこないんですよ。
SEOって何? という質問には

「タイトルをこういじれば、SEOで上位表示できるよ!」

安直に言うと、こんな感じです。
それを見た瞬間に

「SEOは技術・テクニックなのか」

と判断するわけです。実際、私もそうでしたし、現在でもそれはあながち間違いじゃないんですよね。
でも一般的に考えて、技術やテクニック。そういったものは結果を保証するはずなんですよ。

プログラマーやデザイン、ライティングの技術が優れている人は結果を出します。
それは技術が裏づけしたり、経験が成せる事で、技術を持っている人が高く評価されるのは結果を出せるから。
当然SEOに関してもそう考えます。

ここがドツボにはまるタイミング。
SEOは技術やテクニックも必要ですが、それ以上にもっと理解しなければならない事がある。
それが

「Google先生の機嫌次第」

例えばC言語を極めたプログラマーがいたとしましょう。
しかし、この世から忽然とC言語が消えうせました。
瞬間、そのプログラマーの価値は地に堕ちます。

それと同じで、SEO技術を極めた人がいたとしてもGoogleというモノが常に変化するので、その技術に対する結果や価値も変動。
金・プラチナのように元金保障は出来ません。
ここを全然理解してもらえないわけです。当然っちゃ、当然なんですが。

八割がた理解されていないと考える理由
先入観で既に技術・テクニックの部類と判断されると、覆すのは難しくなります。
結果を保障出来ない理由は「あんたんところの技術不足だろ」で済まされてしまうからです。
業者からしたら、んな無茶な、って話なんですけどね。

先入観もそうなんですが、私が理解されていないと思う理由の大きな部分が一つあります。
それは一番最初に書いた、IT関係者や技術者までもが勘違いしているという事です。
勘違い、というか理解されてないというか。

結構プロフェッショナルな人でも、知らなかったりするので面白いです。
なのでSEOって一般的に「技術」と呼ばれるラインとは違う世界にいるのかな、と。
本当にコンサルティング・マーケティングの分野なんじゃないかと。

業者さんは理解されない前提での話が一番かもしれません……。
理解してもらおうとするのは凄くハードルが高いので、結果を見せるか、「猿でもわかるSEO(笑)」を作るか、ですかね。

SEOを知らない人向けに、真のSEOを語る伝道者みたいな人が必要なのかもしれません。
巷で言われている「SEOサービス」よりも「SEO情報」の方が検索上位に来やすいのは、こういった経緯かも。
そうなら、結果として業者さんは有り難いかもしれませんねー。
関連記事

コメントはこちらから




?
© 2017 Peace & Piece. All rights reserved.